カードローンは保証人や連帯保証人が不要

[st-kaiwa1]カードローンは保証人や連帯保証人なしで利用できますよ。[/st-kaiwa1] カードローンは「無担保かつ保証人なし」で利用できるのがいいところですが、銀行カードローンは申込時に保証会社の審査を受け、保証会社と契約して銀行から借入をしています。

銀行からお金を借りる時、住宅ローンを組む時、賃貸住宅を借りる時、消費者金融からお金を借りる時に保証人になって欲しいと頼まれることがあるかもしれません。保証人には、「保証人」と「連帯保証人」がありますが、両者は全然別物です。

[st-kaiwa1]一般的に、保証人というときは連帯保証人のことを指しています。[/st-kaiwa1]

「絶対に保証人(連帯保証人)のハンコだけは押すな」が、私の祖母の遺言でしたが、連帯保証人ってそんなに怖いものなのかな?と不思議に思ったものです。

保証人と連帯保証人の違い

保証人も連帯保証人も借りた人(債務者)が、返せなくなった時に、代わりに返す点は同じです。

違うのは、連帯保証人は借りた人(債務者)と同じ立場で返す義務があるという点です。連帯保証人は自分がお金を借りていなくても、貸した人(債権者)から返してと言われたら、何も言わずに返さなければいけません。

貸した人(債権者)にとってみれば、借りた本人と連帯保証人のどちらからでも返してもらえるので、とても有利な契約です。一方、連帯保証人にとってみると、借りた本人が返さなかったり、返さずに姿を消したりすると、借りてもないのに返済だけをすることになるので、不利な契約と言えます。

連帯保証人のリスクが一般的に知られるようになり、友人の借金の連帯保証人になる人はほとんどいなくなっていると思います。

それでも連帯保証人になるのは、親や子供、兄弟、妻、などの親族からの頼まれたときくらいでしょう。友人から頼まれると、正直迷ってしまいます。私も連帯保証人を2度頼まれましたが、どちらも断りました。疎遠になりましたが、風の噂を聞くと、やっぱり連帯保証人にならなくてよかったと思っています。

カードローンは連帯保証人が不要

キャッシングやカードローンは、個人向けの無担保融資なので、連帯保証人も不要です。ただし、担保もなく保証人もいない状況で、お金を貸すのはリスクが大きいので、始めの借入限度額は小さくなっています。

消費者金融は、貸金業法という法律(総量規制)で「年収の3分の1」までしか借りることができませんが、年収の3分の1までなら誰でも必ず借りられるというわけではありません。

年収が600万円なら200万円まで借りることができるはずですが、実際は、50万円以下の借入額で様子見されることが多いようです。

最初の契約で決まった借入額は一生そのままというわけではなくて、何度か借り入れを行い、延滞なく返済して実績を作ると、限度額が上がっていきます。100万円や200万円の借り入れも可能です。

キャッシングやカードローンでは、連帯保証人が不要な代わりに、「利用者本人の信用情報」が担保になっているので、過去に長期延滞や債務整理をして信用にキズがついていると借入できなくなります。

銀行カードローンは保証会社との契約が必要

銀行カードローンは、保証人は不要ですが、必ず保証会社の審査を受けて契約することになります。債務者が延滞した時には、保証会社が銀行に一時債務を弁済し、保証会社が利用者に料金を請求する形になります。

銀行カードローンは審査が厳しい

銀行カードローンの審査は、消費者金融と比べると厳しいです。簡単に数百万円借りられるわけありません。

審査通過率を見ると大手消費者金融は45%を超えていますが、銀行カードローンは20~40%ほどになっています。銀行によっても審査の厳しさが違います。

事業資金や教育費など使い道がはっきりしている借り入れの場合は、カードローンではなく、専用のローンを利用した方が良いでしょう。審査は厳しくなりますが数百万円の大口融資の可能性は高まります。

銀行カードローンは事業性資金での利用が禁止されている事が多いのですが、消費者金融であれば事業性資金での利用も認められています。

ご自身の借入理由によって、銀行カードローンや銀行の目的ローン、消費者金融を選ぶことになります。

銀行カードローンの保証会社

銀行カードローンも保証人は不要ですが、保証会社の保証を受けることになります。賃貸契約の保証会社と同じようなものです。

保証会社は債務者がお金を返せなくなった時に、債務者に変わって銀行にお金を返済し債務を譲り受けます。保証会社は債務者に返済の請求をしますので、利用者の債務が無くなるわけではありません。

銀行 保証会社
三菱UFJ銀行 アコム
みずほ銀行 オリコ
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
りそな銀行 オリックス・クレジット
オリックス銀行 オリックス・クレジット
新生フィナンシャル
東京スター銀行 新生フィナンシャル
イオン銀行 イオンクレジットサービス
オリックス・クレジット

銀行カードローンでは、実質的に保証会社が審査を行っています。保証会社が2つ以上ある銀行もあります。この場合、どちらかの審査に通れば融資が受けられます。

ちなみにSMBCコンシューマーファイナンスはプロミスのことです。アコムやプロミスといった大手の消費者金融が保証会社になっている銀行カードローンが多くなっています。

300万円以上借りられるカードローン
金融機関 最高限度額 金利
三菱UFJ銀行 500万円 1.8~14.6%
三井住友銀行 800万円 4.0~14.5%
みずほ銀行 800万円 2.0~14.0%
オリックス銀行 800万円 1.7~17.8%
楽天銀行 800万円 1.9~14.5%
レイクALSA 500万円 4.5~18.0%
アコム 800万円 3.0~18.0%
アイフル 800万円 3.0~18.0%
プロミス 500万円 4.5~17.8%
セントラル 300万円 4.8〜18.0%

※2018年8月現在

消費者金融でも最大で800万円まで借りることができますが、実際に100万円を超える額を借り入れしやすいのは銀行カードローンです。消費者金融よりも銀行の方が大口融資には強いのです。