ご祝儀っていくら包めばいいの?|お金の常識

人生で一番晴れやかな出来事である「結婚」。当人達はもちろん、家族や友人を巻き込んでの一大イベントとなります。 その時に、祝福の思いを精一杯伝える為に……ご祝儀袋にいくら包めばいいんでしょう?祝福の気持ちがあれば、とも思いますが、社会人として恥ずかしくない金額を包みたいのも本音です。今回は、ご祝儀の常識について紹介します。ご覧ください。

みんな、いくら包んでいるの?

現金を贈る場合、のし袋に入れてご祝儀として当日に持参し、受付で渡します。 この時ののし袋は「結びきり」という水引のものを使います。この水引には、何度も繰り返さないという意味があり、間違った袋を使うと常識のない人だと恥をかくだけでなく、結婚する二人に嫌な思いをさせてしまいます。社会人としては、押さえておきたいマナーの一つです。

気になる、ご祝儀の相場はどのくらいなのでしょうか? 地域やお付き合いの度合いによっても変ってきますが、一般的な相場と結婚情報誌じゃらんからの引用を次に掲載します。

ご祝儀の相場
叔父叔母 30,000~100,000
いとこ 5,000~10,000
その他の親戚 5,000~10,000
同僚 2,000~3,000
部下 2,000~3,000
友人 5,000~10,000

※同僚部下は、複数で出しあった場合

20代のご祝儀相場
友人・知人、会社の同僚 1位 30,000円 94%
2位 20,000円 3%
3位 10,000円 3%
兄弟・姉妹などの親族 1位 50,000円 64%
2位 30,000円 14%
3位 100,000円 4%
30代のご祝儀相場
友人・知人、会社の同僚 1位 30,000円 95%
2位 20,000円 2%
3位 10,000円 1%
兄弟・姉妹などの親族 1位 50,000円 65%
2位 30,000円 13%
3位 100,000円 4%

20代や30代では、友人や知人向けのご祝儀や結婚祝いの相場は「3万円」、兄弟や姉妹向けは「5万円」が最も多い結果となりました。

40代50代のご祝儀相場
友人・知人、会社の同僚 1位 30,000円 92%
2位 10,000円 8%
兄弟・姉妹などの親族 1位 50,000円 77%
2位 100,000円 11%
3位 30,000円 11%

40代や50代では、友人や知人向けのご祝儀相場は「3万円」と結果は変わりませんでしたが、兄弟や姉妹など親族向けの結婚祝い金額として「5万円」に次いで、「10万円」がランクインという結果になりました。

知っておきたいご祝儀の金額マナー

金額や紙幣の枚数で偶数をさける

ご祝儀の金額は、夫婦が別れることを意味する「偶数」や、4や9などの数字は縁起が悪いということで避けるのが一般的と言われています。ただし、ご祝儀や結婚祝いは「気持ち」が一番大事といわれるように、事情により「ご祝儀2万円」ということもありますよね。そんなときは、「1万円札1枚と5千円札2枚」など包み方に工夫してみるといいですね。

新札用意を「忘れてた!」時の裏技2つ

  1. アイロンでお札のしわをのばす
  2. 会場のフロントで新札に替えてもらう

お金は新札で、入れる方向にも注意

ご祝儀として渡すお金は、2人のスタートをお祝いする意味でも新札を用意するのがマナーとされています。もしも新札が用意出来なかった場合は、アイロンをかけてシワを目立たなくさせるようにしましょう。また、中袋に入れる時のお札の方向は表向きにするのが基本です。人物が印刷されている右側を上にして入れるように気をつけましょう。

まとめ

ご祝儀や結婚祝いはお祝いの気持ちですから、相場を知っておくことも重要ですが、無理のない範囲で金額を包むようにしましょう。また、地域によってご祝儀の相場が異なる場合もありますので、不安があれば周囲の方に金額を聞いてみてもいいかもしれませんね。

当サイトは、安心安全なキャッシングのために日々情報収集いたしております。ご覧の皆様のお役に立てれば幸いです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。引き続き当サイトをよろしくお願いいたします。

-お金のコラム

Copyright© お金を借りる.com|消費者金融 / キャッシング 総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.