ネット申込みを安全に利用するための3つのこと

消費者金融の申込み方法はインターネットが主流になっています。

かつては街の至る所に無人契約機があり、消費者金融各社は競って融資を行いました。なかにはかなり無理な融資もあったため、結果的に多くの多重債務者を産みました。また、違法な取立ても横行し社会問題となりました。

この反省を踏まえて貸金業法は改正され現在に至ります。無人契約機の数は随分と減りましたが、スマートフォンの普及で誰もがインターネットに接続できるようになるとともに、ネットを利用したキャッシングの申込みが爆発的に増えています。

※現在、消費者金融の利用の65%がネット申込みで、驚くべきことに女性の申込者の実に80%がネット申込みとなっています。

そこでこの記事では、キャッシングの申込みの主流となったネット申込みを「いかに安全に利用するか」をご紹介します。

悪質な紹介屋に注意

インターネットでのキャッシングは来店不要で全国どこからでも利用できます。また、24時間いつでも申し込み可能なので、都合のいい時間に申込みできます。

ライフスタイルの多様化で活動する時間も人それぞれ異なるので、キャッシングへのネット申込みはとても便利でありがたい存在です。

しかしその反面、ネット上には貴方の個人情報を狙った詐欺も横行しているのです。例えば、過去に債務整理や自己破産、支払い・返済延滞でブラックリストに載った方は、キャッシングの審査に通りづらくなっています。

このような、キャッシング審査に通らない方の個人情報も、ヤミ金にとっては金のなる木なのです。この情報を使って直接、高金利でお金を貸しつけるだけでなく、稼げる仕事の紹介、儲け話(ネズミ講)の勧誘、パチンコ必勝法、違法薬物の運び屋……いくらでも利用できます。

残念なことですが、インターネットで広告している貸金業者やキャッシング紹介サイトの中には、最初から融資をするつもりがないのに個人情報の収集目的で申込みをさせている「紹介屋」と思われる輩が存在しています。

例えば、申込みをした後に「うちでは貸せないけど別のこの会社なら借りられるかもしれない」と別の会社を紹介されます。紹介された会社からお金を借りてみると、じつはヤミ金で違法な高金利を要求されたというトラブルが増えいています。

インターネットは便利な半面、様々な詐欺や違法行為が横行する、まさに魑魅魍魎の巣くう状態でもあるのです。

消費者金融のネット申込みを安全に利用するための3つのこと

1 気になった会社が正規登録会社か確認する

消費者金融は全国に約2,000社あります。当サイトで紹介している中小消費者金融の多くが全国的な知名度のない会社です。

もちろん、全国的な知名度がないだけで地元ではお馴染みの優良企業を当サイトでは紹介していますが、当サイト以外の名前を聞いたことない消費者金融を利用するときは、正規登録会社かを確認してから利用するようにしましょう。

もし、貸金業法上の登録のない金融機関だった場合は、その会社はヤミ金なので利用するのはやめましょう。

闇金融の見分け方

一部報道によると、闇金融の被害は最近は減少しているそうです。

しかし、暴力的な取り立てを行わず親身に相談に乗ることで利用者を信用させて高金利で貸し付ける「ソフトヤミ金」など、ヤミ金の貸し付け方法が巧妙になったことで、実際の被害と統計上の数字との間に乖離がみられます。

どれだけ親切に相談に乗ってくれたとしても、無登録の会社ないし個人が法定外の高い金利でお金を貸す行為は違法です。

正規登録の貸金業者かどうかを確認する方法

貸金業者が、正規の貸金業者かどうかを調べるのは、金融庁ホームページにある「登録貸金業者情報検索入力ページ」を利用します。

調べる際に必要な情報は

  1. 登録番号(東京都知事(1)第12345号……(1)と12345が登録番号にあたります)
  2. 所在地(本店または主たる営業所の県単位の住所)
  3. 商号、名称(会社名と商品名が異なる時があるので注意が必要です)
  4. 代表者名(漢字またはカタカナ)
  5. 電話番号(主たる営業所または広告で使用する電話番号)

となります。入力方法に全角指定や半角指定がありますので、注意書きをよく読んでご利用ください。

この検索でヒットしない業者は、ヤミ金の可能性が高いので要注意です!

※登録したばかりの会社は、検索結果に反映されるの時間がかかります。最新の情報や不明な点は、登録番号欄に記載されている各財務局・都道府県にお問い合わせください。

2 「代行申込み」や「一括申込み」などのサイトを利用しない

代行申込みや一括申込みとは、個人情報を登録しておくと、各金融機関に自動的に申込みをするサービスのことです。また、個人情報を登録して会員になるとキャッシングの情報を提供するサービスもあります。

これらのサービスはネット上にたくさんありますが、利用するのはおススメできません。

全てではありませんが、個人情報を収集することだけが目的のサイトがあるので、とても危険です。

個人情報は1件○○○円で売買されています。あなたの個人情報もどこの誰に売られていくかわかりませんし、どんな詐欺行為に利用されるかわかりません。

ネット申し込みはとても便利なのが、利用しないという選択肢は考えにくいのですが、嫌な思いをする可能性もあります。

キャッシングの申し込みは、かならず消費者金融の公式ホームページから自分で行うことで個人情報の流出を防ぐようにしましょう。

3 身に覚えのない貸金業者からの営業DMやメールが届いても利用しない

身に覚えのない消費者金融からダイレクトメールやはがきやEメールなどが届くことがあります。

これも何らかの方法であなたの個人情報を入手して送ってきているのですが、安易に連絡をとらないようにしましょう。

以前、当サイトでも紹介している「株式会社セントラル」と似た名称の金融機関からキャッシングの電話勧誘がかかるという事案がありました。これに対して「株式会社セントラル」は新規の貸し付けについて電話で勧誘することは一切ない、と明言しています。

「株式会社セントラル」だけでなく、まともな消費者金融は新規勧誘の電話をかけたりしません。

まとめ

インターネットを使った申込みはとても便利なものです。今すぐお金が必要な時は、積極的に利用することで困った状況を打破することができます。

しかし、ネット上には、今すぐお金が必要な人の弱みに付け込む悪徳業者、ヤミ金が罠を仕掛けているのです。

トラブルに巻き込まれないために大切なことは、

  1. 貸金業法上の登録会社かどうかの確認する
  2. 本当に信頼しても大丈夫な会社かを確認する
  3. 公式ホームページから自分で申込みをする

ことです。

当サイトは、安心安全なキャッシングのために日々情報収集いたしております。ご覧の皆様のお役に立てれば幸いです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。引き続き当サイトをよろしくお願いいたします。

-消費者金融の基礎知識

Copyright© お金を借りる.com|消費者金融 / キャッシング 総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.