パート・アルバイトのキャッシング利用について

パート・アルバイトのキャッシング審査基準

パート・アルバイトのキャッシング審査基準で大切なのは、「信用力」と「返済力」です。

パート・アルバイトの信用力とは

信用力は個人信用情報にキズがないかどうかを確認することで判断します。

個人信用情報のキズの確認とは、「過去に債務整理や自己破産、支払い・返済の延滞などのいわゆるブラックリストにのっていないかどうか?」と「いま現在支払い・返済の延滞をしていないかどうか?」を確認することです。

いわゆるブラックリストでも対応は金融機関によって異なりますが、「株式会社セントラル」のように再出発を応援すると公言する消費者金融もあります。

一方、いま現在において支払い・返済の延滞をしている場合は、どこの金融機関でも審査NGとなってしまいます。早急に延滞状態を解消するか、もしそれが無理なら弁護士等の専門家への相談を検討しましょう。

パート・アルバイトの返済力とは

返済力とは、これからきちんと返済していけるかどうかを見極めることで収入と勤続年数で判断します。

キャッシング審査に通る目安となる収入・勤続年数は?

キャッシング審査は金融機関ごとに審査基準が異なるのですが、例えば「株式会社セントラル」や「いつも」、「アロー」などは、年収100万円程度で勤続年数6ヶ月〜1年でも審査に通っています。

職業が水商売の場合のキャッシング審査

パート・アルバイトというのは、定職がなくアルバイトなどで生活している人のことを指しますが、アルバイトの内容が水商売という方もいらっしゃるでしょう。

一般的に水商売の方がキャッシング審査に通るのは難しいのが実情です。

理由は、安定した収入がないと判断されてしまうからのようです。

ただし、例えば「株式会社○○○観光が経営しているキャバクラ」のように会社経営の水商売だとキャッシング審査にも通りやすいようです。

会社経営の水商売の場合、在籍確認の電話は会社のほうにしてもらいます。この際、会社の事務の方がお店のスタッフ全員の名前を把握しているかどうかわからないので電話がかかってくるかもしれないと根回しをしておきましょう。

当サイトは、安心安全なキャッシングのために日々情報収集いたしております。ご覧の皆様のお役に立てれば幸いです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。引き続き当サイトをよろしくお願いいたします。