即日キャッシングって本当にその日にお金を借りられるの?|キャッシングQ&A

即日キャッシングとは

即日キャッシングとは、消費者金融などの金融機関にキャッシング(お金を借りる)の申し込みをして、その日のうちに現金を手にすることができるキャッシングサービスのことです。

即日融資や即日貸付、キャッシング即日など呼び方はいろいろありますが、同じ意味です。

即日キャッシングをするための方法

当たり前のことですが、即日キャッシングのできる金融機関に申し込みをする必要があります。

キャッシングと一口に言っても種類は様々で銀行のカードローンやクレジットカードのように申し込んでから実際に利用できるようになるまで時間がかかるものもあります。クレジットカードの中には申し込んですぐにショッピングで使えるものもありますが、お金を引き出すキャッシングが使えるようになるまで数日かかるようです。

一方で、 セントラル いつも アロー のような消費者金融は申し込んだその日のうちに現金を手にすることができます。

金融機関はたくさんあるのですが、「即日キャッシング」を希望する場合は、消費者金融のキャッシングを利用することになります。

即日キャッシングは申し込み時間に注意が必要

即日キャッシングをしたいときは、各消費者金融のWebサイトから申し込みをします。

即日キャッシングができる時間に申し込みをする

いくら即日キャッシングと言っても24時間いつでも対応できるわけではありません。金融機関の営業時間内に申し込みをする必要があります。

また、即日キャッシングの多くが銀行の口座に振り込みをする「振り込みキャッシング」です。そのため銀行の営業時間や取扱時間も考慮する必要があります。

例えば、 セントラル の場合だと、当日14時までの申し込みが即日キャッシングの対象と公表しています。また、 いつも アロー は、時間の言及はありませんが セントラル と同様の対応をしているようです。

必要書類を準備しておく

キャッシングの申し込みには、いくつか準備しておくものがあります。

  1. 身分を証明する書類
  2. (収入を証明する書類)
  3. 銀行通帳またはキャッシュカード
身分を証明する書類

即日キャッシングでつかう身分証明書は、運転免許証や保険証が一般的です。

保険証は セントラル のように国民健康保険証でも大丈夫と公表している場合もあるのですが、会社が発行する社会保険証でないとNGとしている消費者金融もあるので注意が必要です。

上記以外の身分証明書としては、パスポートや住基カード、マイナンバーカード(通知カードではなく写真を付けたカードの方です)があります。

ただし、マイナンバーカードは重要な個人情報の記録されたカードなので、身分証明証としての利用は控えた方が安全です。

(収入を証明する書類)

消費者金融のキャッシングを利用するときは、借入希望額が50万円超える場合、または他社の借入と合わせて100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要となります。また、自営業者や法人経営者の場合は、原則として収入証明書の提出が必須となります。

これは貸金業法上の決まりなので仕方ありません。

収入として利用できる書類は、

  1. 給料(給与)明細(2~3か月分)
  2. 市町村発行の収入証明書(最新のもの)
  3. 確定申告書の控え(最新のもので税務署の印鑑のあるもの)

が一般的です。

銀行通帳またはキャッシュカード

多くの消費者金融で銀行振り込みを利用して即日キャッシングを行っています。そのため、自分が使いやすい銀行の口座がわかるものを準備しておきましょう。

即日キャッシングについてまとめ

今すぐにお金が必要な場合は、消費者金融のキャッシングに申し込むことになるのですが、その際は即日キャッシングの申し込み時間内に即日キャッシングのために必要なものを準備しておいて、万全の態勢で臨みましょう。

セントラル は、14時を過ぎても18時までの申し込みなら、翌朝一番に振り込みしてくれるので、もし申し込みの時間をすぎても諦めずに早めに申し込んでおくと早く現金を手にすることができます。

当サイトは、安心安全なキャッシングのために日々情報収集いたしております。ご覧の皆様のお役に立てれば幸いです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。引き続き当サイトをよろしくお願いいたします。

-借金Q&A

Copyright© お金を借りる.com|消費者金融 / キャッシング 総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.