在籍確認の電話を安心安全に攻略する方法

在籍確認の電話とは

消費者金融に限らずどの金融機関でもキャッシングを利用する前には必ず審査があります。この審査の際に行われるのが「在籍確認の電話」です。

在籍確認の電話とは、キャッシング申込みをした人が申告した勤務先で働いているかどうかを確認する電話です。どうして在籍確認の電話なんてものがあるのでしょうか?金融機関は申し込み者を疑っているのでしょうか?

実は、金融機関は収入のない人にお金を貸してはいけないと銀行法や貸金業法で決まっているのです。この法律を守るため収入があるかどうかの確認として在籍確認の電話をするわけです。

この在籍確認の電話を不安に思う方が多いようです。一番の不安は「会社にキャッシングのことがバレる」のではということではないでしょうか。会社にバレても恥ずかしいだけで済むのならいいのですが、お金を扱う仕事だと社内での評価にも影響するかもしれないので在籍確認の電話に不安を抱くのもわかります。

そこでこの記事では、「在籍確認の電話」について一歩踏み込んだ内容でご紹介いたします。今すぐお金が必要だけど在籍確認の電話が心配な方は必見です。

在籍確認の電話の内容

何かと不安な在籍確認の電話。実際にどんなことを話しているのかを知るとこんなに簡単なものなのだと安心できます。

本人が勤務先にいない時の在籍確認の電話

お仕事によっては勤め先の電話に出られないこともあります。営業職の方は会社にいることは稀ですよね。

在籍確認の電話は勤務先に在籍しているかどうかを確認するだけの電話なので、申し込み者本人が電話に出る必要はありません。

また、電話にでた職場の人にキャッシングに申し込んだ事実を知らせることは絶対にありません。それから、この電話で申し込み者の個人情報(例えば、勤務態度や月収など)を収集することもありません。

具体的に在籍確認の電話の際のやり取りをご紹介します。

金融機関「(個人名)と申します。(申し込み者)さんはいらっしゃいますか?」

勤務先「(申し込み者)は席をはずしております。折り返しご連絡差し上げましょうか?」

金融機関「いえ、後程あらためてご連絡いたします。ごめんくださいませ。」

※もちろん後程あらためて会社に連絡してくることはありません。連絡は申し込み者の携帯電話に電話かメールであります。

※消費者金融は個人名で電話をかけてきます。一方、銀行のカードローンの場合は銀行名でかけてくることもあるようです。

以上のやりとりで在籍確認の電話は問題なく終了します。

本人が勤務先にいる時の在籍確認の電話

在籍確認の電話を申し込み者本人がとることができれば、同僚にキャッシングのことがバレる可能性がほぼ0%になります。

金融機関「(個人名)と申します。(申し込み者)さんはいらっしゃいますか?」

本人「はい。私です。」

金融機関「在籍確認としてお電話をさしあげております。ご本人様確認といたしましてお名前と生年月日をお願いいたします。」

本人「○○□□。○○年□月△です。」

金融機関「ありがとうございます。それでは後ほど審査結果をご連絡いたしますのでおまちくださいませ。」

以上のやりとりで在籍確認の電話は問題なく終了します。

電話で名前と生年月日を告げるのが若干不自然な感じもします。もし心配なら「クレジットカードの申し込みをして確認の電話がかかってきた」と職場で言っておくと安心です。

在籍確認の電話で審査NGにならないために気を付けてほしいこと

在籍確認の電話はキャッシング審査の最終段階で行われます。

この在籍確認の電話さえ攻略すれば、キャッシングは目の前です。

よほどのことがなければ在籍確認の電話で審査NGになることはないのですが、稀に失敗してしまう方もいます。

在籍確認の電話の失敗|「そんな人いません」と言われてしまった

派遣会社に勤務していているAさんが在籍確認の電話を派遣元の職場にかけてもらったところ、電話にでた事務員さんから「そんな人いません」と言われてしまったそうです。この時は、在籍確認の電話を派遣元の派遣会社のほうにかけてもらうことで、審査には通りましたが即日キャッシングを逃してしまったそうです。

大きな会社や従業員の多い工場や作業所、日勤や夜勤の交代勤務で従業員の名前の把握が難しい職場などは、確実に自分が働いていることを知っている人が電話に出られる電話番号を伝えておきましょう。

在籍確認の電話の失敗|「個人情報保護のためお答えできません」と言われてしまった

医療法人に勤めているBさんが、在籍確認の電話をかけてもらったところ、「個人情報保護のためおこたえできません」と言われてしまったそうです。この時は、勤務先の保険証を写メしてメールすることで在籍確認の電話の代わりとしたそうです。

最近は個人情報保護の観点から、Bさんの職場のように個人あての電話を一切取り次がないという対応をすることも多くなっています。

特に医療法人や社会福祉法人、大企業、官公庁などでこの傾向が見られます。

消費者金融などの金融機関でもこうした対応をする会社が増えいていることを踏まえて、勤務先の保険証(社会保険証)の提出で在籍確認の電話の代わりとする対応をとっています。

在籍確認を回避する方法は?

では、在籍確認を回避する方法はないのでしょうか?

残念ながら、利用者側で「在籍確認をなしにする」ことはできません。上記の「個人情報保護のため勤め先が何も答えなかった」ケースのように金融機関側の判断で行われます。

まとめ→必要以上に怖がる必要はなし!

在籍確認は、業者にとっても非常に気を使うポイントです。なぜなら、お金を借りることがあなた以外にバレてしまえば、それだけでその会社の信用は落ちますし、悪い口コミが広がるかもしれません。そのため、かなり気を使って周りにわからないようにしてくれます。繰り返しになりますが、バレるポイントは唯一電話に出た人が、勘のいい人でこれはキャッシングの電話だと気づく場合です。その際もクレジットカードを作ったからで切り抜けましょう。必要以上に恐れることはありませんから安心してください。

当サイトは、安心安全なキャッシングのために日々情報収集いたしております。ご覧の皆様のお役に立てれば幸いです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。引き続き当サイトをよろしくお願いいたします。